1. バラの谷から-民草の歌歌詞

「バラの谷から-民草の歌」の歌詞 イルカ

1998/1/21 リリース
作詞
イルカ
作曲
イルカ
文字サイズ
よみがな
hidden
もり毎日まいにちまれわる そんなふうにすべてときながれが
かしてくれるから 今日きょうきてけると
おとこはかみしめるようった

そのおとこはフィドラー
だれもがこころみずうみしずませたおもいを みちづれに
酒場さかばから 酒場さかばへと さまよう

うたひとからひとつたえられる それがきんじられたうたであっても
ひと小声こごえくちずさみ くにをもえてそだ
牧場まきばながれるかぜよう

そのおとこはジャグラー
命綱いのちづなはいつもつけずに 人々ひとびとわらわせる くろひとみ
街角まちかど片隅かたすみに たたずみ

ウラルをえてやってた ボルガをえてやって
ドナウをえてやってた バラのたにからやって

そのおとこはフィドラー
だれもがこころみずうみしずませたおもいを みちづれに
酒場さかばから 酒場さかばへと さまよう

ウラルをえてやってた ボルガをえてやって
ドナウをえてやってた バラのたにからやって