1. 傘の雫歌詞

「傘の雫」の歌詞 イルカ

1996/3/16 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
ときにはあめ街角まちかど
わせたね
きみはすまなさ
そうにそっと
あめれたかさをたたんだ
時計見とけいみながら
服選ふくえらんで
まよときほど
えばすぐ
そんなことなど
こいわすれさせてくれる
そんなひととき
かさしずくゆかいた
プロポーズに
づかなくて
そのままときながれた
もしもながれる時間じかん
先回さきまわりして
かっていたなら
だれわりは出来できない
きみだったことに
づいていたのに

街行まちゆ人波ひとなみから
もてはやされた
昨日きのうまでのみせ突然とつぜん
姿消すがたけしたりするような
流行はやすたりに
だれもがまどわされて
きてきたから
自分じぶんらしくべるつばさ
いつか邪魔じゃま
なってしまう
べないふりして
もしも都会とかいまよんだ
冬鳥ふゆどりでもいつかはまた
うみわた
だからも一度会いちどあいたい
きみといたころ
自分じぶんいたい
そしてかなしいくらいに
純粋じゅんすい夢捜ゆめさがしに
きたい

もしもこのながあめ
いまもそのむね
らしているなら
こいというつらあめ
すなのように
めてあげたい