「君は悲しみの」の歌詞 イルカ

1976/4/25 リリース
作詞
イルカ
作曲
イルカ
文字サイズ
よみがな
hidden
きのうのことさえ おもせないほど
ぼくはいつも つかれてた
そんなとき あついジャスミンてぃーのゆげのなか
ぼくを そっとねむらせてくれた
きみは やすらぎのひと
ぼくは ぼくのことしかえなかった
きみいてるなんて らなかった
きみはぼくのためきてくれたやさしいひと
きみかなしみの
きみかなしみの
きみかなしみの やすらぎのひと

なにげずに 一人ひとり たび
あめ突然とつぜんかえった ぼくを
むかえてくれたのは
あかりがついた がた部屋へや
ねむったふりしたきみ
きみはやすらぎのひと
ぼくは ぼくのことしかえなかった
きみいてるなんて らなかった
きみはぼくのためきてくれたやさしいひと
きみかなしみの
きみかなしみの
きみかなしみの やすらぎのひと