「悲しみの証明」の歌詞 イルカ

1989/4/12 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
夜更よふけの電話でんわ あなたのこえも いまはきたくない
あきらめかけた わたしこころ もてあそばないで
ちがうだれかに さびしくされて ゆかしいだけなら
おわったはずよ かなしいけれど 昨日きのうにもどれないの
もう恋人こいびとじゃない こころがあなたをきでも
可哀想かわいそうね ふたりともだちにも なれないなんて
あなたも自由じゆう わたし自由じゆう
いかけないで これ以上いじょう

あなたがくれた 手紙てがみ写真しゃしん いまもしまってある
おくりかえせば おもまでも きずつけるようで
いつか月日つきひほこりをかぶり とおになっても
かがやきながら きてたことを わすれはしないとおも
もう恋人こいびとじゃない しばらくなやんでいたけど
可哀想かわいそうなみだこぼすことも 出来できないなんて
あなたはそらわたしくも
あしたがいまは ちがうから

あなたも自由じゆう わたし自由じゆう
いかけないで これ以上いじょう