1. 真冬の天使歌詞

「真冬の天使」の歌詞 イルカ

1990/11/5 リリース
作詞
イルカ
作曲
イルカ
文字サイズ
よみがな
hidden
このひろそらした どこにでも天使てんしはいるの
あの街角まちかどにも ゆきのない砂漠さばくでも
いつもこころは ふるえてる

ねむってるときには オトナも天使てんしにもどれる
めたら そのままのこころ
って一日いちにちを すごせたらいいね

100まいセーターが あっても
ときは 1まいあればいい
みんなが あたたかくなること
それが 本当ほんとうのしあわせ

まれくる子供こどもたち んなわたしたちの天使てんし
いてる天使てんしかけたらあなたの
きしめて あげてしいの
ひとつのパンは ちいさくても
わけたら こころがふくらむ
みんなが あたたかくなること
それが 本当ほんとうしあわ

みんなが あたたかくなること
それが 本当ほんとうしあわ

このそらはひとつ
きみとつながってるね
うみ大地だいちわたしたちも

こころまどそっと
あけてごらんよ
そこにはいつもちいさなそら