「17ページのエッセイ」の歌詞 イルカ

1986/4/21 リリース
作詞
イルカ
作曲
イルカ
文字サイズ
よみがな
hidden
おもあしをひきずり いえ辿たどりつけば
ドアのかぎ一人ひとりけ カバンをほうげる
規則きそくだらけの毎日まいにちつぶされそうになるよ
だけどわたしこころくらくない あたらしいレコードに
はりとす
その瞬間しゅんかんかえ
すべてがいい方向ほうこうへとわる

When I was seven teen
ぐれもせず ゆめだけはってた
When I was seven teen
かたいだいてくれる ボーイフレンドの一人ひとりもいなかった

スピーカーにみみをつけて ボリュームげれば
わたしだけにうたってくれる。となりのオヤジがかべたたく。
オトナたちまってうの『ギターばかりいてたら
いま後悔こうかいするよ』。『アンタとはちがうわ』そうってから
ギターにぎ
その瞬間しゅんかんかえ
すべてがいい方向ほうこうへとわる

When I was seven teen
このままでいたい『18になるのさえかなしいね』って
When I was seven teen
ともだちだった あのはきれいなかみをしてた

When I was seven teen
あのころこと わすれそうになることもあるけど
When I was seven teen
"たましい"だけは だれにも 自分じぶんにも しばられない