「500円のクリスマス」の歌詞 ウラニーノ

2013/10/23 リリース
作詞
山岸賢介
作曲
山岸賢介
文字サイズ
よみがな
hidden
あたまわるいぼくたちは クリスマスなのに地元じもと神社じんじゃごしてた
神様かみさまにケツをけるかたちつめたい石段いしだんうえ 腰掛こしかけて
ゆきなんからないよ ぼくが
クリスマスだしるかもよって きみ
いや、らないよ るかもよ
むきになってポケットのなかの500円玉えんだまけた

ロマンチックな空気くうきだったからさ きみちいさなしろいのをてさ
そっとにぎってみようかとか がらでもないことかんがえて
わらった ぼくがわらった ゆきなんからないよ

ロマンチックな空気くうきだったのにさ きみはぼくのいきしろいのをては
エクトプラズムみたいだとか わけのわかんないことってわらった
きみわらった ぼくがわらった ゆきった

ポケットのなかの500円玉えんだまをしぶしぶ手渡てわたすと
きみきざまにそいつをいきおいよく賽銭箱さいせんばこれた
わせて神様かみさまいのきみ
どうか、来年らいねん再来年さらいねんもひとつ こんなかんじでおおねいします、と