「春に残る雪」の歌詞 ウルトラタワー

2015/5/13 リリース
作詞
寺内渉
作曲
大濱健吾
文字サイズ
よみがな
hidden
おもわずいた みちうえ
きみわらごえがふとこえたようで

はるにおいにいま 季節きせつながれてく
よくはしゃいだゆきることはないだろう

ずっとつづくはずのかけがえない日々ひび
もろこわれた もうもどらないほどに

きみしあわせはきっとぼくのとはちがったね
わりゆく日々ひび つないでたらぬにほどけた

あかりのない部屋へやが ひとついた椅子いす
むねおくをつつく まだえるよる

昨日見きのうみてたゆめ今日きょう愚痴ぐち全部ぜんぶ
場無ばなくして ただ溜息ためいきわる

きみわらうだけでいつもたすけられてたんだよ
うつむきそうなとききみとなら あるいてけたのに

はるのこゆきのようだね いまぼくはまるで
あたたかな陽射ひざしにをそらす 今日きょうもあののまま

きみしあわせはきっとぼくのとはちがったね
もう一度手いちどてつなげるのなら もうはなしたりしない
こころからあいしてた