1. なぜだか、俺は祈ってゐた。歌詞

「なぜだか、俺は祈ってゐた。」の歌詞 エレファントカシマシ

2006/3/29 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
子供こどもころおれは、毎日まいにち精一杯せいいっぱいきて、いつのだれかのため
格好かっこよくにたいと、そればかりおもって、 なみだながしてゐた。
なみだながしてた。

季節きせつぎて、いつしかおれはそんなことわすれてゐた。

さよなら、いとしき日々ひびよ。
さよなら、いとしき今日きょうよ。

素直すなおいまきられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。
素直すなおきてゆけりゃあ。

とおくビルのかうに、ひかほしがんひをかけよう。
おれいのった。わすれてしまった とおどお月日つきひに。
おれいのった。めぐりひし人々ひとびとに、感謝かんしゃしたのさ。
なぜだか、そんなそんな気分きぶんだった。

さよなら、いとしき今日きょうよ。
さよなら、いとしき日々ひびよ。

素直すなおいまきられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。
素直すなおきてゆけりゃあ。

おかうえにのぼって見下みおろすまち景色けしき
なぜだかおれいのってゐた。
いまこの瞬間しゅんかんを。