「地元のダンナ」の歌詞 エレファントカシマシ

2006/3/29 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
ディンドン
ボクはひとりで連日れんじつ連夜れんや いろんなものとたたかってゐる。
世界せかい日本にっぽん歴史れきしや、世間せけん常識じょうしきがゆさと。
ボクはひとりで連日れんじつ連夜れんや いろんなものとたたかってゐる。
文明ぶんめいやあらゆる偉人いじん友情ゆうじょうこいのかけひきと。
ヘヘイヘイ、なんてな。
いつでもたかみをのぞんではやぶれゆくのが、ボクのクセらしい。

ボクはひとりで連日れんじつ連夜れんや いろんなものとたたかってゐる。
世界せかい日本にっぽん歴史れきしや、最近さいきんじゃあ自分じぶん歴史れきしとも。
いつでもさうさなにかとたたかった気分きぶんきてゐる。
文明ぶんめいやあらゆる偉人いじん友情ゆうじょうこいのかけひきと。
ヘヘイヘイ、なんてな。
素直すなおに、素直すなおきられりゃあ、どんなにいいだらう?

ああ 歴史上れきしじょうでは、なんてちっぽけな 生涯しょうがい 生涯しょうがい
ああ でも世界中せかいじゅうで たったひとつだけの 人生じんせい 人生じんせい
ああ 運命うんめいがおれを かりたててゐる。
ああ まだまだかなきゃ ならないんだ。

地元じもとのボウズ
かつてはどでかいなにかをおいひかけて。
地元じもとのボウズ
愛情あいじょう友情ゆうじょう道徳どうとくすべてをうけもった。
地元じもとのダンナ どこやら卑屈ひくつ笑顔えがおでしみじみと。
地元じもとのダンナ どこやら卑屈ひくつ笑顔えがおでしみじみと。
結局けっきょくなんにもしてねえ。
たかみをのぞんではやぶれゆくのが…

ああ 歴史上れきしじょうでは、なんてちっぽけな 生涯しょうがい 生涯しょうがい
ああ でも世界中せかいじゅうで たったひとつだけの 人生じんせい 人生じんせい
ああ 運命うんめいがおれを かりたててゐる。
ああ まだまだかなきゃ ならないんだ。

かなきゃあ、かなきゃあならない。