1. 地元の朝歌詞

「地元の朝」の歌詞 エレファントカシマシ

2004/3/31 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
ある 目覚めざめて電車でんしゃりついできた
そだったまちへやってきた そう地元じもとあさ

「フタおやいにこう (そう)一年いちねんりさ」
去年きょねん以上いじょう学校がっこうふるぼけてえたんだ
さかのぼ商店街しょうてんがい横切よこぎって
おやいえまえった
そしてボンヤリと自問自答じもんじとうしたのさ

アイセイ
人生じんせいなんて人情にんじょう盗坊どろぼう
たすけをうて人助ひとだす
たすけたつもりが裏切うらぎりの果敢はかないサガ」

玄関げんかんまえふるって笑顔えがおをつくった
ははよろこびと心配しんぱいをないまぜた表情ひょうじょうていた

「おかあさん、このとおり、元気げんきでやっているよ
おまけにつよおとこだからぼく大丈夫だいじょうぶさ…(云々うんぬん)」

意味いみ得意気とくいげうわ調子ちょうし母親ははおやかたりつづける
そしてボンヤリと自問自答じもんじとうをしていたんだ

アイセイ
立派りっぱ大人おとなになりたいな
立派りっぱ大人おとなになりたいな
たしかな仕事しごとをしとげたいもんだな、ああ」

ちちはすごくうれしそうにむかえてくれた
そしてわらいながら野球やきゅうはなしなどしたものさ

二親ふたおやともすでに七十ななじゅうちかいんだ ああ
結局けっきょくその実家じっかでメシをって
いろんなものをもらってそとそと
そとはもうよるだった

そしてイメージのないあたま自問自答じもんじとうしたものさ

アイセイ
人間にんげんなんて人情にんじょうドロボウ
二親ふたおやささげられしあい
一体いったいどうやってかえそうか?かえそうか?」

かわいたかぜいた 地元じもとよる
かえりのみちいそあしあるいていた

「トモダチをさがしてる トモダチをさがしてる
仲間なかまたちさがしてるんだ」
アイセイ
立派りっぱ大人おとなになりたいな 立派りっぱ大人おとなになりたいな
からだすべ使つかくしてにたい」

今日きょうつきがちょっときれいじゃん」
「めぐる ちょっとしたことで めぐる めぐる めぐる」ああ

(んん)七色なないろ
(んん)七色なないろ
ココロににじをかけて
(んん)できるだろう?
(んん)できるのさ
からだすべ使つかくしてにたい おれにたい おれにたい