「夢のかけら」の歌詞 エレファントカシマシ

1998/9/18 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめのかけら ぼくらは
いつまでもいかけるのさ

きみはネコで おれうそつき
破裂はれつしそうなゆめ狭間すきま
ずれてるようなオレの口癖くちぐせ
れてるきみ横顔よこがお
きずつけあったいつもの部屋へや
上手じょうずうそだけじゃ
どうしようもないのさ
どんなにきしめても
かわいたのど つめたいみず
ぐっとんでいやしたけれど
右手みぎてでそっとかみをかきあげ
さめてるきみのまなざし
った日々ひび
むねはたらいてる
ゆめのかけら ぼくらは
いつまでもいかけるのさ

ふとしたひょうし
きみ言葉ことば
むねさって
けなくなるよ
あいしてる」と
つぶやいてみた
部屋へやひびいたけれど
いやしあったいつもの部屋へや
ちいさな物語ものがたり
どうしようもないのかい?
どんなにあいしても

ぎゆく季節きせつ
ためいき日々ひび
きみ笑顔えがおだけ
むねはたらいてる
ゆめのかけら
ぼくらはいかけるのさ
いまならぼくえる
きみのことあいしてると