「太陽の季節」の歌詞 エレファントカシマシ

1993/5/21 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
あてなき気迫きはくたれながうごかぬからだもてあまし
じわりとくるぜとしごとに
太陽たいよう季節きせつ 無駄むだ努力どりょくいつまでも
太陽たいよう季節きせつまえいつでもどこでも物欲ものほしげ

ってるぜおれはそんなことは らねぇでかそんなことは
つらき本日ほんじつあてなき気迫きはく ちからなき日々ひび生身なまみからだ
気力きりょく 太陽たいよう季節きせつ とお真実しんじつ
太陽たいよう季節きせつ おれはいつでもどこでも物欲ものほしげ

金持かねもちになるのがおまえゆめだった
えらくなるのがおまえゆめだった
ああそうだろう そりゃあそうだろうよ
無能むのうたてとするわれらが情熱じょうねつ

おめえはわかわかぎる 経験けいけんだこの
にがかなしとかさ
太陽たいよう季節きせつ 気力きりょく やぶれた野望やぼう
太陽たいよう季節きせつ われらがつくるこの姿すがた

えたこころきずりきずって おとこのロマンがいてあきれるぜ
ああそうだろう そりゃそうだろう
アホウをむねとするおまえ情熱じょうねつ

やぶてたる日々ひびかぞえいとおしむ姿すがた
らすだけなら そりゃいくらもらせるさ
まえつくるこの姿すがた

あてなき日々ひびをたれながゆびをくわえてたれなが
いてからだのくちてるまで

太陽たいよう季節きせつ ボケゆくあたま うごかぬからだ
太陽たいよう季節きせつ 自由じゆう世界せかい
太陽たいよう季節きせつ 太陽たいよう季節きせつ 太陽たいよう季節きせつ

ってて愕然がくぜん 合図あいず
われらが季節きせつ 太陽たいよう季節きせつ

われらが季節きせつ 太陽たいよう季節きせつ