1. 旅の途中歌詞

「旅の途中」の歌詞 エレファントカシマシ

1999/4/28 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
明日あしたがどうなるなんて
想像そうぞうもできないが
おれこころなか
なにかが目覚めざめはじめる

いってみりゃ人生じんせい
いつでもたび途中とちゅう
希望きぼうむねにつめんで
明日あしたかうよ

おお よごれたココロも れるおもいも
このからだでどこまでけるだろう

ああ きっとかがやがくるだろう
きりなかあめなかひかりかって
ああ ぼくあるいてくのだろう また
だれらぬ明日あしたかって

いってみりゃ人生じんせい
偶然ぐうぜんかぜなか
やさしさをもとめさすらう
たび途中とちゅう

たとえば おおげさな そう このおれ
なげきのなかしずんでくふゆひかり
とおそらんでいるぜ

よろこびはさる偶然ぐうぜんから
かぜをはらみ 海原うなばらこうふねのように
人生じんせいはいつでもたび途中とちゅう こう
だれらぬ明日あしたかって

あめよる 部屋へやにたどりいた
雨音あまおととおこえてた
明日あしたもがんばろうぜ

どこかで太陽たいようえている
きりなかあめなかえつづけている
ああかぜあたらしい季節きせつはこぶように

だれらぬ明日あしたかって
だれらぬ明日あしたかって