1. 晩秋の一夜歌詞

「晩秋の一夜」の歌詞 エレファントカシマシ

1990/9/1 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
あるよるひとりで火鉢ひばちをかざし
くもった空気くうき部屋へやのうち
あわれ ああ いまだにのこ
はかなきむしごえともにいた
ああ ひとりうごかず部屋へやにいた
あるあき夜長よなが

ぎたる月日つきひわかきこのにはしくはないけれど
のこった余生よせいには希望きぼうとうか

いたる姿すがたわかきこのおれなつかしい姿すがた
いずれはぬるなつかしいあそびよ

日々ひびのくらしに背中せなかをつつかれて
それでもきようか ぬまでは……

あるあきよる ひとりで火鉢ひばち
くもった部屋へや空気くうきいきをした

いまだにねぬあわれなるむし
あき夜長よながともあそんでいた
ああ ひとりうごかず部屋へやにいた
あるあき夜長よなが