「東京の空」の歌詞 エレファントカシマシ

1994/5/21 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ まちそられて ああ ひとこころれず
きやらぬなやみごと 何処どこへやら
山越やまこえてたにえて そう ああ ひとこころれず
ああ ぶざまであればあるほどに んん わがかわいやいとおしや
やまなか ふかもりなか ふるやしろのそのなか
ねむつづけたねがいごと みんなってるねがいごと
おお あのなつおも何処どこへやら
山越やまごえてたにえて そう ああ 何処どこったのやら
やさしすぎるぜ

んん ひとこころにほろほろり んん なみだこぼれるほろほろと
まちそら 今日きょうれたようだ まどそとあかるいよ
だれかがそっとささやいた ここにはだれもいないのに
ああ 相応ふさわしくくらせれば それがいい
ありふれたことがいい ああ ありふれたことがいい
さみしすぎるよ かなしすぎるぜ

おれにはわかるぜ最後さいごのチャンスは ああ 100おとずれた
わからないかなわないこえないとどかない のぞまないのぞめないたよりない
わからないかなわないこころはここにもそこにもい ああ… ああ…
ああ まち空晴そらはれて ああ ひとこころれず

ありふれたことがいい そうさ
いつもとおなじならいい
さりげないほうがいい
はなみずをやればいい ああ
ああ なみだせぬほうがいい
ああ そうのぞみはたかほうがいい
ああ なみだせぬほうがいい
ああ ふさわしすぎるぜ
ああ なみだてた
(わからない かなわないこえないとどかない)
ああ わらいはわすてた
(のぞまないのぞめないたよりない)
かなしい芝居しばい似合にあいのセリフさ
(わからないかなわないこころはここにもそこにもい ああ…)
おれにはわかるぜ
最後さいごのチャンスは
ああ 100たびおとずれた ああ 100たびおとずれた

ああ まち空晴そらはれて ああ まち空晴そらはれて
かならずやかなうだろう ゆめとやら かならずやとどくだろう そう ああ
あのなつおも何処どこへやら 山越やまこえてたにえて そう ああ
ああ まちそられて