「漂う人の性」の歌詞 エレファントカシマシ

2002/12/26 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめからめしひとまれたばかりのひと
見渡みわたまちあかりはわらなくえても
昨日きのうまでとはちがう よろこびにえたひと
ひそみしそのプライドに かけてあゆせよ

さあかけよう ふんさきこう
支配者しはいしゃたるときいきめるまで
かえらない過去かこ無情むじょうへのとびら
いますぐ辿たどける明日あしたただよ明日あした

すべてをってるくせに うごけぬままきずった
見渡みわたひとなさけは 悪魔あくまのようにやさしく
まるでへのいざない まるで自然しぜん摂理せつり
ただくるまれしプライドを かけてあゆせよ

のぼるぶざまな太陽たいよう
一瞬いっしゅんいろどえる大地だいちおれいた
素直すなおであるとはたたかわぬことなのか?
やけにはしゃぎたがるそのむねあらがひとたましいなのか?

がたそらあかにじんで まるでおれいざなうように

ゆめからめしひとまれたばかりのひと
見渡みわたまち気配けはいわらなくえても
刹那せつなののひかりして よろこびにえたひと
ひそみしそのプライドに かけてあゆせよ

さあほろびよう まどろみつつゆこう
支配者しはいしゃたるいきめるまで
かえらない過去かこ無情むじょうへのとびら
いますぐ辿たどける明日あすただよひとさが

ときからのメッセージ
それは破滅はめつはるのぞむより おれ破滅はめつかって力強ちからづよあゆむこと
ひそみしそのプライドにかけてあゆせよ