「理想の朝」の歌詞 エレファントカシマシ

2006/3/29 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
リッスン こえるあさのざわめき
ほら なまものませ。
リッスン かんじるあさひかり
ほら なまものませ。

少年しょうねん夏休なつやすみの図書館としょかん退屈たいくつ正体しょうたいはやくもさとり、
したおもて公園こうえん太陽たいようしたいきついた。

うごはじめた理想りそう それがみんなの理想りそうあさ
こっちをいてよ理想りそう なまものませ。

こいやぶれた一人ひとりおとこ ゆふべんだほん枕元まくらもとでやぶけてるぜ。
昨日きのう背伸せのびしてきてきた。もうやめたよ、こんなこんな夜明よあけはたことない。

少年しょうねんなにかをさがはじめた。おんな出会であいひやがてわかれをった、
した部屋べやのふとんのなかで、赤子あかごのやうになみだをしぼった。

うごはじめた理想りそう それがみんなの理想りそうあさ
こっちをいてよ理想りそう なまものませ なまものませ。

やってあさにほだされて ああ おれ今日きょうはたらくが…

うごはじめた理想りそう それがみんなの理想りそうあさ
こっちをいてよ理想りそう なまものませ。
うごはじめた理想りそう やぶれしかずだけ理想りそうあさ
こっちをいてよ理想りそう なまものませ。
なまものませ

なまものます