「生命賛歌」の歌詞 エレファントカシマシ

2003/6/27 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
そいつはってた。 そして 突然とつぜんあらわれた。
「オマエハナンダ? ココハドコダ?」吃驚きっきょうしたぜ。
かぜいてた。荒野こうやかんじがした。におい
真夏まなつくさてにある オマエはただしく、ウチュウ。

ヒトの歴史れきしまたはなさ以上いじょう
暴力ぼうりょくとずるかしここさのたどった栄華えいが極致きょくち
世俗せぞく信仰しんこう権化ごんげゆえに ヒトハダノニホイうずまいて
おれした、なにして馬鹿ばかだね。結局けっきょくおれ、オドルんだ。

ひょうろくだまのドタマブッぶトチのあい
オレはって いた。 太陽たいようがおちてヒトカゲくて
とおくでってる 生活せいかつおと
人口じんこうおおい、このくにおれ彼方かなたばす。
「オマエ・デッケェナ。」

オレがミツメテるのはバケモノとまった!!
オレ、オマエのまわりおそおそ辿たどってまわってまわった。
「オ・レ・ニ・チ・カ・ラ・ヲ」「オ・レ・ニ・ュ・ウ・キ・ヲ」
あ~あ、馬鹿馬鹿ばかばかしいね、オレ いのってら

おそらくは日本人にほんじんばれる以前いぜんえしヒトビトの
いのりて、オンボロのおもいをせた"インテリジェンス"
亡霊ぼうれいを、オマエ嘲笑あざわらう。 精一杯せいいっぱい
ヒトの生命せいめい賛歌さんかを。

ひょうろくだまのドタマブッぶトチのあい
オレはっていた。

おそらくは日本人にほんじんばれる以前いぜんいのりて、
オンボロのおもいをせた現代人げんだいじんの、生命せいめい賛歌さんかよ。
セイメイサンカヨ。