「習わぬ経を読む男」の歌詞 エレファントカシマシ

1988/3/21 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
むかしともわせると おれわっちまったそうさ
ひとゴミにからだをまかせて ながれにってきたせいさ

ひとゴミにのまれてながれにながれてく
自由じゆうなんて おれにゃ必要ひつようないね

おんなとタバコと不自由ふじゆう
とても大事だいじにしてるそうだ

理屈りくつのために理屈りくつこねにこねてた
おれはいやらしいひと

裁判所さいばんしょじゃbaby
おれのこと死刑しけいさきっとそうさ
あーおれはなんてしあわせな しあわせなやつなんだ

きみとどこがちがうの
きみきみとどこがちがうの

むかしともわせると おれわっちまったそうだ

ひとゴミにながされて
おれはやらしいひとになった

裁判所さいばんしょじゃbaby
おれのこと死刑しけいさきっとそうさ
あーおれはなんてしあわせな しあわせなやつなんだ