1. 過ぎゆく日々歌詞

「過ぎゆく日々」の歌詞 エレファントカシマシ

1992/4/8 リリース
作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次
文字サイズ
よみがな
hidden
笑顔えがおもてやさしげに このおれ言葉ことばをかけた。
ひからびた情熱じょうねつは、ただぎるくらしのなかえた。
なみだもてげた。このおれたかきをつめ、
うちふりし情熱じょうねつは、ただぎるくらしのなか
えた。

ひとにありて、ぎゆく日々ひびをおけば、
太陽たいようおれりて、日々ひびゆくくらしがあった。

笑顔えがおもてやさしげに このおれ言葉ことばをかけていた、
つよひとのまなざしはただ、うちすぎる
くらしのなかへえた。

うちすぎるくらしのなかおれ日々ひびごした。
ぎる日々ひびよ、おしえてくれよ。
このおれにも生活せいかつをどうか。
おしえてくれよ。おれにはちのぞむ日々ひびのありしことを。
さあ、ちのぞむひとがあると。
希望きぼうありしことを。

ぎゆく日々ひびよ。いかり、よろこび、にゆくのか。
おれは。

笑顔えがおもてやさしげに このおれ言葉ことばをかけた。
ひからびし情熱じょうねつは、ただぎるくらしのなか
えた。

うちすぎるくらしのなかおれ日々ひびごした。
ぎる日々ひびよ、おしえてくれよ。
このおれにはちのぞむ日々ひびのありしことを。
おれはたらく。日々ひびごすため、くらしゆくため。
ぎる日々ひびよ。享楽きょうらくのときを、くるしきときを
んでゆく。

ぎる日々ひびよ。やさしき日々ひびよ。

さけんだ。ほんらした。
ぎゆく日々ひびおれごしゆくために。
ぎゆく日々ひびきみなにをしてるだろうか。