1. アネモネ歌詞

「アネモネ」の歌詞 オトループ

2013/12/9 リリース
作詞
纐纈悠輔
作曲
纐纈悠輔
文字サイズ
よみがな
hidden
いままでにもめなかった 最寄駅もよりえきまえにある花屋はなや
おもわず 二度にどしてまる うれいのあるその横顔よこがお

しろ指先ゆびさきいろどりをえら
花束はなたば仕上しあげる仕草しぐさとれていた

名前なまえすららない貴方あなたさびしい笑顔えがおぼくこころ
一瞬いっしゅんにしてすべてうばわれてしまった
はななんて無縁むえんだったぼく生活せいかつに そのとき一輪いちりんうつくしいはないた

せられるように 毎日まいにち
なにかとそれらしい理由りゆうつけて あししげくかよぼくがいる

貴方あなたおそわる花言葉はなことばたち大事だいじ大事だいじあつめる毎日まいにち

アネモネ ぼく部屋へやには ガーベラ はなあふれてゆく
フリージア みずをやるときだけがこころ おだやかになる
マーガレット 時折ときおりのぞく カーネーション かなしいひとみ
その意味いみらぬままに

突然とつぜん 貴方あなた姿すがたした あれはすべてまぼろしだったのだろうか

アドニスがながしたのように あかあかまったままの
ぼくこころなみだなが
あまたのはなたち渦巻うずまく この部屋へや記憶きおくみだれて
かさなり っては やがて くろになってゆく