「駅までの帰り道」の歌詞 オトループ

2012/12/12 リリース
作詞
纐纈悠輔
作曲
纐纈悠輔
文字サイズ
よみがな
hidden
「とりあえずえきまでおくるよ」
まだれたくなくて
いつもよりおそいスピードで 歩幅ほはばわせてある

いつものように左側ひだりがわにいるきみはまるで他人たにんみたいな空気くうき
ずっとまとったままで 無言むごん会話かいわつづ

いろんなことがつたりない
だけどもうどんな言葉ことばひびかない
るがないかた決意けつい気付きづいたぼくからっぽになった

「バイバイ」 そんな言葉ことば ぼく本当ほんとうえるだろうか
こんなときまで カッコつけてる自分じぶんがいる
本当ほんとういまにも子供こどもみたいにきじゃくりたいのに

あの交差点こうさてんがったら もうすぐいてしまう
こんな日常にちじょうひとコマが ぼくらのゴールなのか

沈黙ちんもくさえいとしいとおもえた はじめてのひとだった
だけど今日きょう沈黙ちんもくには しつぶされそうだよ

「バイバイ それじゃあ またね」
いまはもう意味いみ言葉ことば
改札かいさつ人波ひとなみぼくをよけてながれてゆく

かえらずきみていた
うごけないまま