「めぐりめぐる季節を越えて」の歌詞 カサリンチュ

2014/7/9 リリース
作詞
村山辰浩
作曲
村山辰浩
文字サイズ
よみがな
hidden
こえひびいてる グラウンドにも
はる便たよりが とどいてきたよ
つぼみはやがて ひらくだろう
そののために 頑張がんばってきた

うまくなれなくて 何度なんどおもった やめようかなって
それでもこたえは ほかだれでもない 自分じぶんけたくない

めぐりめぐる季節きせつえていま ぼくらはひとつになって
はしつづける青春せいしゅんときゆめかなうとしんじて
あふれる このおもとど春風はるかぜにのって

夢中むちゅうになれる 大事だいじなもの
ボロボロのくつ よごれたユニフォーム
ともにごした 仲間なかまたち
かけがえのない あせなみだ

かっているけど 誰一人だれひとりくちにはしない
これがぼくたちの 最後さいごたたかいに なるかもしれないことを

めぐりめぐる季節きせつえていま ぼくらはひとつになって
二度にどもどれぬ青春せいしゅんときゆめかなうとしんじて
かがやく このおもたか夏雲なつぐもにのって

めぐりめぐる季節きせつえていま ぼくらはひとつになって
はしつづけた青春せいしゅんときゆめつづくとしんじて
あふれる このおもとど春風はるかぜにのって