「冬のファンタジー」の歌詞 カズン

1995/10/6 リリース
作詞
カズン,小林和子
作曲
カズン
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなかきみこえ
「ふたりのゆき
たい」 なんて
すこし とまどって
いたんだ 本当ほんとう
すれちが毎日まいにち
はぐれて
しまわないように
きらめく おも
場所ばしょれてって
きっと えなかった
時間じかんえる
しろ奇跡きせき
しんじていたの
いま そら
粉雪こなゆきあつめよう
もう一度いちど
すこしずつ すこしずつ
やさしさも
ぬくもりも よみがえる
ふたりだけの
物語ものがたりかがやすよ
さみしくさせていたね
こごえるゆびあたためて
どこまでも ふたつの
足跡あしあとつづいてく
おもいきり ばし
頬寄ほほよせて
シャッターをった
一枚いちまいの はみした
笑顔えがお おぼえてる?
かたこうに ほら
ひろがる銀世界ぎんせかい
過去かこ未来みらい
つつんでく
ただ そばにいて
しあわせをかんじてる
ふたりのうえ
おともなくりて
あいしてる
言葉ことばより 昨日きのうより
つたえている
こえている 永遠えいえん

いま そら
粉雪こなゆきかすように
ぬくもりから
このふゆをはじめよう
まち
ざわめきも とどかない
ふたりだけの
物語ものがたりかがやすよ
ふたりだけの
物語ものがたりかがやすよ