「キミの気球」の歌詞 カミナリグモ

2010/11/10 リリース
作詞
上野啓示
作曲
上野啓示
文字サイズ
よみがな
hidden
だれこえとどかない場所ばしょこう
ぼく一人ひとりになって ねこていった
いらついて蹴飛けとばしたかん
だれかみたいに無口むくちだなぁ

いろんな言葉ことばぼく耳元みみもとってた
をつむってた どうでもよかったのさ
くらさむいこのはこして
キミにいにきたいなぁ

ゆうべのゆめなかでまた ふわりふわりとかんだ
夜空よぞらくもうえ二人ふたり

キミは気球ききゅうられてた 月明つきあかりでキレイだった
この星空ほしぞらねむるまで ぶらさがっているよ
たどり場所ばしょらないくせに

近頃ちかごろじゃ本当ほんとうなんてからないよ
分厚ぶあつ仮面かめんしたいきひそめてる
としたコインは 二度にどもどってはないよ
今日きょう明日あしたもこれからも

ゆうべのゆめなかでまた とりとめのない言葉ことば
ながぼしにのってった

キミは気球ききゅうられてた ばしてもさわれないや
ゆめのような毎日まいにちだって しろいカラスもわらった
しぼんでちるなら 水溜みずたまりがよかったけれど

キミは気球ききゅうられてた 月明つきあかりでキレイだった

どうしてだろう 今日きょうもキミにいたいなぁ
まどこうにえそうな まぼろしでもいいから