「夕立のにおい」の歌詞 カミナリグモ

2010/11/10 リリース
作詞
上野啓示
作曲
上野啓示
文字サイズ
よみがな
hidden
つち湿しめったような 夕立ゆうだちのにおい
むかしのことをおもしたな
そういえばこんな みちあるいたっけ
くやしくていてたんだ きっと

ああ あのころとちっともわってないや
ああ りむいたひざのせいじゃないんだよ

まだぼくには うしなうべきものがあり
まだえないものがとてもおおいけど
まぶたをふかいきをすったなら
わすれていた勇気ゆうきうばいにこう

翌朝よくあされても まだからだおも
上手うまくねじこんで いいになってたんだ
かたいトーストを かじったときにひらめいた
ぼくがそのみみだったら きっとかなしくはない

ああ 昨日きのうよりふさがった隙間すきまから
ああ ひとゆめのぞいてばかりいたよ

まだはじまりでもわりでもないのさ
まだぼく出来できることはすくないけど
あめんで ほしまばたきをひとつ
かさをたたんで ぼく家路いえじいそ

夢中むちゅうではしゃいでた おもちゃ売場うりばすみ
あのロボットのように つよくなりたくてはしった
あせにまみれたぼくほこりまみれのぼく
いまもそこにいるんだろう

夕立ゆうだちのにおいのなか

まだぼくには うしなうべきものがあり
まだえないものがとてもおおいけど
まぶたをふかいきをすったなら
わすれていた勇気ゆうきうばいにこう

勇気ゆうきうばいにこう