「春のうた」の歌詞 カミナリグモ

2008/11/19 リリース
作詞
上野啓示
作曲
上野啓示
文字サイズ
よみがな
hidden
おだやかなかぜをうけ ベランダのシャツが
すこしはやいふゆれ せわしくページはめくれ
なにだかのこされて こえないふりをして
めったにない映画えいがりてようとしたり

不自然ふしぜんもするけど そんなもあっていいよ
あま紅茶こうちゃ片手かたてちいさなテレビ画面がめん
きざみにわる風景ふうけい わりとけるいいはなし
がつけばエンドロール 夕食ゆうしょくつくろう

もない時間じかんれている ぼくなりの
もないはるのうた 明日あした かみろう

なつかしい友達ともだち仕事しごとをやめたんだって
やりたいことがつかり 東京とうきょうるんだって
そういえばそんなはなし 最近さいきんよくみみにする
すこしはあせりもするが べつにどうってことはない

ダンボールにもれてる 厚手あつでのスケッチブック
あの日描ひえがいた未来みらいとは ずいぶんちがったけど
それなりにいそがしくもあり 間違まちがいをやむもあった
だけどこうしてごす今日きょうわるくないもするんだ

もない時間じかんれている ぼくたちの
もないはるのうた 明日あした くつみがこう

ねつけないよるしずけさにをうたれ
ひとり窓辺まどべにもたれ たよりないつきかげ
いつかぼくかえほそめておも
どんなかおしてるのかなんて まるでからないけど

もない時間じかんれている ぼくなりの
もないはるのうた 明日あした れるかなぁ

もない時間じかんれている ぼくたちの
もないはるのうた 明日あした きみいにこう

きみいにこう