「ごめんね」の歌詞 カメレオ

2014/10/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
しあわせの定義ていぎがあるなら それはきっと間違まちがいだろう

わたしには将来しょうらいゆめがありません。やりたいこととくにないのです。」
そうつぶやいたきみせた笑顔えがおはどこかかなしげでからようだった

ぼく時間じかんわすあるつづけていた
気付きづいたときには もうかえせないところまでてしまっていた
しがみつけばかなうほど容易たやすい そんなあまいものじゃなかったけど
どろだらけの あのころいまはキラキラかがやいてえるよ

どうせ人生じんせいなんてたった一度いちどキリでみじかくて
あっとってわってしまうんだから
なにひとつでいい頑張がんばってみなよ
ほら主人公しゅじんこうはいつだって自分じぶんなんだから

わたしにもやっとゆめができました。」
それからきみはこうつづけた
「あなたがゆめかなえること。それがわたしゆめです。」と

だれもが出会であえるとはかぎらないまぼろし出会であってしまったぼく何度君なんどきみとの未来みらいおもえが
ただろう

かぜつめたい真冬まふゆよるせんのライトがらめいて
きみわらったかおが ただたかっただけなのに

はるになったらいにくよ」とつたえたらきみいてしまった
その姿すがたをみてぼく涙溢なみだあふれだした なかなかいにいけなくてごめんね

ゆめというまぼろし必死ひっしいかけるぼくと そんなゆめ一緒いっしょそだててくれるきみがいて
本当ほんとうつたえたいのは「ごめんね」じゃなくて…「いつもありがとう」 何度なんどでもうよ

「いつもありがとう」