「ヒカリの街」の歌詞 カラーボトル

2011/2/2 リリース
作詞
竹森マサユキ
作曲
カラーボトル
文字サイズ
よみがな
hidden
くるまはいつもどおはし夕暮ゆうぐ駅前通えきまえどお
テレビカメラえりててける ペデストリアンデッキのうえ

街頭がいとうビジョンには 恋人達こいびとたちのラブソング
ギター背負せおった少年しょうねんに あのぼくかさねたふゆまち

かよいなれたアーケード ショーウィンドウ マーブルロード
うらなのテーブルをがれば そこが一番町いちばんちょう

なれた景色けしきには ゼロになれる不思議ふしぎがある
あいつは元気げんきでいるのかな 商店街抜しょうてんがいぬけた空飛そらとんできた
幾千万いくせんまんのヒカリ

らしつづけて ふゆたび わりつづける時代じだいなか
うしなったもの れたこたおなじままではぼくらいられないけど
いつまでも わらないで 明日あすらして

工事中こうじちゅうのビル カラーコーン 今度こんどなに出来できるんだろう
すこしずつだけどたしかに らないことえてく

けやき並木なみきを こうしてあるいたな
いやことがあるとなぜか 広瀬川眺ひろせがわながめながらいかけた未来みらい
ぼく今生いまいきてる

らしつづけて ふゆたび まわつづける時代じだいなか
大切たいせつなもの ここにあるから わりつづけるよ ぼくいかけるよ
いつまでも この場所ばしょぼくらして

らしつづけて ふゆたび わりつづける時代じだいなか
うしなったもの れたこたおなじままではぼくらいられないけど
いつまでも わらないで 明日あすらして ひかるイルミネーション