1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 カラーボトル

2013/1/16 リリース
作詞
橘いずみ
作曲
橘いずみ
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ どうかあなたなないで なんでもいいから きていて
あなたの存在そんざいがあるから なんとかわたしきられる
つらくて さむくて かなしくて ひとりをかんじることばかり
それでも あなたの笑顔えがおおもうかべたらつよくなる

ふとったねとわれてべずに 流行はやりの洋服ようふくつつんで
仲間なかまはずれにだけは ならないで ニコニコしながら はしゃいでる
なんにもたのしいことがない なんにも必死ひっしになれなくて
それでも あなたのかた おもうかべたらあつくなる

もしもべたら あなたのそらすみからすみまで まわりたい
どんなにとおはなれていても あなたのなかにいる

おんならしく楚々そそひかしゃばらず 愛敬あいきょうふりまいて
つかずはなれず ひとみちなかあたりで まごついて
なんのためにきているのと 自分じぶんよわさに はむかっても
いて いて いて つかれて 見上みあげたそらには あなたがいた

グズで のろまで 不器用ぶきようで それでも すたこらあるくから
やまありたにあり あめ あられ あらしても がんばるから
だから たとえひとのものでも あなたは どこかできていて
あなたの笑顔えがおがあるから なんとかわたしきられる

もしもあなたが すこつかれて いつかこの必要ひつようならば
そっと名前なまえを つぶやきながら やさしく微笑ほほえんで

自分じぶんもどすスペースを れるためにはたらいて
いきぐはずの時間じかんにさえ つかててねむりこけている
ひとりぼっちになりたいけど ひとりぼっちはとてもさみしいよ
あなたのそばにいられるなら ほかにはなんにもしくない

いじけて ふるくて ばかげてる だめなおんなだとわれても
それでもいのちのあるかぎり あなたのうしろをついていく

ねぇ どうかあなたなないで なんでもいいから きていて