「春」の歌詞 カラーボトル

2010/4/21 リリース
作詞
竹森マサユキ,平義隆
作曲
竹森マサユキ,平義隆
文字サイズ
よみがな
hidden
いまはるが それぞれの胸静むねしずかにおとずれるよ
ねえきみはこのはなびらを だれ見上みあげているの

素直すなおわらえていますか なみだこぼしてませんか
きみがまだこのまちらしていたあのから どれくらいたったのでしょう

もうもどれやしないけれど おもしていたのです
ふざけあいきしめた 並木道なみきみち下重したかさねたいくつものゆめ
けば季節きせつはめぐり 残酷ざんこくにあの日々ひびとおのくけど
ほどかれたぼくうで二度にどきみきしめることできない

いまはるが それぞれの胸静むねしずかにおとずれるよ
ねえきみはこのはなびらを だれ見上みあげているの
やがてまちひと景色けしきわってしまうけれど
きっとけっしてだれにもよごせない季節きせつがある

高架下こうかしたみちけて きみ部屋へやとおった
あのころぼくたちと 二人ふたり肩寄かたよとおりすぎてく
がつけば季節きせつめぐ何度なんどでもこころによみがえります
きじゃくるあのきみ何故なぜにひきめることできなかったのか

またはるおとずれるたびむねげてくるよ
きみはなびらがいま こころめてゆくよ
何度花なんどはなってもいつか芽吹めぶつぼみのように
きみおもえて そろそろあるきださなきゃ

わかれるための出会であいじゃなくて めぐうためのサヨナラだから

いまはるが それぞれの胸静むねしずかにおとずれるよ
ねえきみはこのはなびらを だれ見上みあげているの

またはるおとずれるたびむねげてくるよ
きみはなびらがいま こころめてゆくよ
やがてまちひと景色けしきわってしまうけれど
きっとけっしてだれにもよごせない季節きせつがある
色褪いろあせない季節きせつがある