「虹」の歌詞 カラーボトル

2010/6/2 リリース
作詞
竹森マサユキ
作曲
カラーボトル,明石昌夫
文字サイズ
よみがな
hidden
ほこりかぶった 本棚ほんだなおくまったノートきずりしたら
落書らくがきにいやられ ちいさくちいさくかれた言葉見ことばみつけた
ゆめは…」でまったノートの つぎのページをめくってみたら
現実げんじつは」とはじめられた つぎ言葉涙ことばなみだにじんでぼやけてた

そっとじれば よみがえるあわおも
わらせたくないゆめがある あぁこころがやぶれそう

いま 雨上あめあがりこのそらえが七色なないろ
見上みあげていた ボロボロこぼれた
これでいいんだ いつだってなみだからはじめよう

頑張がんばろうとおもっているのに どうしようもないときだってあるよね
そんな時程触ときほどふって 素直すなおたすもとめてみればいいのさ
ときには一人ひとりきりで かってゆくときだってあるよね
くじけそうならおもして きみおも気持きもちがいつだってここにある

もう一度抱いちどだきしめて いどんだゆめつづきで
あるけばそれがみちになる まよわずにすす

いま 雨上あめあがりこのそらえが七色なないろ
はしわたって どこまでもゆこう
そうさぼくらの 物語ものがたりはじまったばかり

無謀むぼうだとかとやかくわれたとしても
全然気ぜんぜんきにしない まえだけをいていたい
しんじるちからをいつもこころ
けたくない げたくない 自分じぶんだけには

いま 雨上あめあがりこのそらえが七色なないろ
見上みあげていた ボロボロこぼれた
これでいいんだいつだってなみだから ホラ
雨上あめあがりこのそらえが七色なないろ
はしわたって どこまでもゆこう
そうさぼくらの 物語ものがたりはじまったばかり