「金星に願った」の歌詞 カラーボトル

2008/3/12 リリース
作詞
竹森マサユキ
作曲
カラーボトル
文字サイズ
よみがな
hidden
もう きみないけれど ないけれど
しあわせになりたい 昨日きのうよりも 昨日きのうよりも

もともと一人ひとりきてきた もどれないはずはないのに
一度覚いちどおぼえたぬくもりは すこ居心地いごこちすぎたみたいで
すがりたいのはうそじゃない
きみわれた言葉ことばあたまなかぐるぐるまわって
意味いみさがして 自分じぶんめて そばにいて とも

もう きみないけれど ないけれど
しあわせになりたい 昨日きのうよりも 昨日きのうよりも

きみにもらったおもたから地図ちずのように
大事だいじむねポケットに しまってあるんだよ
ひだりむねのあたりが もしも今夜こんやうずこうとも
そっとてて をつむって いきけば
なみだくるしくはない

もう きみないけれど ないけれど
しあわせになりたい 昨日きのうよりも 昨日きのうよりも

もう きみないけれど ないけれど
しあわせになりたい あたらしい日々ひび
もう きみないけれど ないけれど
しあわせになりたい 昨日きのうよりも 昨日きのうよりも

きみわかれた あの午後ごご 一人登ひとりのぼった裏山うらやま
どれくらいだろう 散々泣さんざんないて ふとかおげたそのさき

きみわかれた あの午後ごご 一人登ひとりのぼった裏山うらやまやまやま
もうんでいた 金星きんせいねがった