1. 五月雨歌詞

「五月雨」の歌詞 カルテット

2007/9/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
(eX)
あまかぜになびくかみ むね高鳴たかなはしたび
不意ふい雨音あまおと鼓動こどう喧騒けんそう ぼくらは
って ちかくのコンビニ
「ちょっとれちゃったね、はやくおうちかえろう」
そうわらきみひと傘中かさなか もしかなうなら…
二人家ふたりいえまでのあめのトンネル いつまでもつづけばとおもってる
よろこんでるきみいとしくて すこれた肩抱かただせる
やさしくあめまちめる ふと、きゅうきみあしめる
かさかくれるようかさねるくちびる あめはすりけておもになってく

雨音あまおとされ もうとどきはしないれたこえ
なみだあめかさなり にじそら うつきみ姿すがた

(NAL)
きみがいなくなった部屋へやなか一人探ひとりさがしてるきみ面影おもかげ
しあわせなのは写真しゃしんなか二人ふたりだけ あのころのようにもうわらえないよ
あい見失みうしなったぼく孤独紛こどくまぎらわすため 無造作むぞうさ大粒おおつぶなみだながした
たしか、あめのせいでデートが中止ちゅうしになって おこってふくれたかおきみ
必死ひっしになってなだめる ぼくていつのにかわらってる
ねぇ、いまでもおぼえてる? こんなあめ まどそと景色けしきおんな
だが、となりにはもういない しばらくかなしみみそうにない

雨音あまおとされ もうとどきはしないれたこえ
なみだあめかさなり にじそら うつきみ姿すがた

(SAMON)
片隅かたすみりの雨傘あまがさ 使つかこともなくなったいま
あめかなでるかなしき 調しらべがこころうつすように
しみなくあふしたなみだ 何気なにげない日々ひびしあわせだった
記憶きおくわるいとしきひと いまもまだ きみぬくもりを

雨音あまおとされ もうとどきはしないれたこえ
なみだあめかさなり にじそら うつきみ姿すがた

(SAMON)
かなえられぬねがいを くもなかゆだねても もどらないあの微笑ほほえ
きみのいない景色けしき 雨空あまぞらした