「泡沫の夢」の歌詞 二世の契り 想い出の先へ OP カンノユウキ

2012/5/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
傷負きずおったって そうだれかを
安心あんしんさせるように
どうして わらってる
それがきみにとって たりまえとき

何気なにげないようで えられないとき
さあどれくらいつづくだろう
だれもいつかこの とどかないとお
場所ばしょえてくのだろう
こんなつづいてよ ゆめ

ひとみつよきつけた
おも 記憶きおく
いくつ程持ほどもってけるのだろう
えぬそのさき
いろあせてわりはしないものは
きっとあるだろう
泡沫うたかたゆめさえ いまよう

このなか っているもの
まれてきた場所ばしょ
今佇いまたたずんでいる場所ばしょ
すべ自分じぶんのため あたえられたものだろう

大嫌だいきらいな自分じぶん このむねのどこかに
ずっとひそんでいたとしても
こののどこかに 大好だいすきだと
そんなだれ一人ひとりさえと
きみのような存在そんざい夢見ゆめみてた

きみだけつよきつけて
微笑ほほえみ しぐさ
いくつ程持ほどもってけるのだろう
えぬそのさき
かぞえきれぬいのちとき
えて出会であったのだから
泡沫うたかたゆめさえ しんじていよう

暗闇くらやみ中浮なかうかぶ 無数むすうともしび
もうかさなったりしないでよ きみ姿すがた

ひとみつよきつけた
おも 記憶きおく
いくつ程持ほどもってけるのだろう
えぬそのさき
かぞえきれぬいのちとき
えて出会であったのだから
泡沫うたかたゆめさえ しんじていよう