「国道二号線」の歌詞 ガガガSP

2003/3/5 リリース
作詞
コザック前田
作曲
コザック前田
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくの ものさしでは
多分たぶん きみはかこと
できなかったんだろう
昔君むかしきみんでた
国道二号沿こくどうにごうぞいに
ぼくています
しょうもないこと
ぼくきみうたがいばかりを
かけてたこと
ここにると
自分じぶんのバカさが
あらためて痛感つうかんできます
きみは あれから
どんなおもいをしながら
きているのでしょうか
ぼく多分たぶん
つぎ彼女かのじょ出来できるまで
多分たぶん きみこと
きでいるとおも
あぁ きみしあわせになれ
やっとぼく素直すなおおもえた
国道二号線こくどうにごうせん
やっとぼく素直すなおになれた
今日きょうきみとよくった
ラーメンにでもって
かえるとするよ

きみえた
あのことぼく多分たぶん
一生忘いっしょうわすれられないだろう
なんせぼく人生じんせい
はじめて自分じぶんちから
うごいていけたとおもうから
おも
なってしまったこと
月日つきひつにつれ
美化びかされるから
これから もっと
きみとの出会であいを
素晴すばらしかったと
おもうにちがいない
ひとひととが
かりうなんて
ありえないと
おもってたぼく
120°ひゃくにじゅうどぐらい
えてしまったきみ
ぼくこころ
本当ほんとう偉人いじんでした
あぁ きみしあわせになれ
やっとぼく素直すなおおもえた
国道二号線こくどうにごうせん
やっとぼく素直すなおになれた
でも やっぱり
つぎ彼女かのじょができるまで
きみきだろう 多分たぶん

国道二号線こくどうにごうせん
風景ふうけいはあのころおなじで
ぼく久々ひさびさに ここにたら
なんかホッと
してしまった
きみしあわせに
二号線にごうせんみちのりのように
なが人生じんせい