「晩秋」の歌詞 ガガガSP

2002/10/9 リリース
作詞
コザック前田
作曲
コザック前田
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくのアパートにのこった
きみおも
体中からだじゅう
めぐっています
おもしな全部ぜんぶ
てたのに
こころなかには
のこっています
あめでもれば
ながれてえるだろうと
さけでもんで
雨降あめふてば
よくかんがえたら
あめったとき
きみとのおも
おもすだけだ
かわながれのように
ぼくこころ
ながれるままには
すすめないのさ
にくたらしいほど
自分じぶん気持きもちが
体中からだじゅう
ながれるだけなのさ
晩秋ばんしゅう夕暮ゆうぐれは
ぼくこころをまどわせる
(晩秋ばんしゅう夕暮ゆうぐれは)
ぼくこころをまどわせる
人生じんせいとは多分たぶん
そんなもんさ
ぬまで
きてやろうじゃないか
たかが恋愛れんあいなんかと
われたところ
いまぼくには
たかが恋愛れんあいなんて
もんじゃないわけよ
そらすこったら
今日きょう天気てんき
一週間後いっしゅうかんご
おぼえてないように
わすれていける
かもしれない
でも本当ほんとう本当ほんとう
わすれてしまったとしたら
なん意味いみくなって
しまいそうでこわくて
自分じぶんでもどうなったら
一番良いちばんよいのか
からない
でも それが多分たぶん
人間にんげんなのでしょう
きることつかれている
ひまなんて
いまぼくにはないのさ
余裕よゆうして
きるほどひま
いまぼくにはないのさ
晩秋ばんしゅう夕暮ゆうぐれは
ぼくこころをまどわせる
(晩秋ばんしゅう夕暮ゆうぐれは)
ぼくこころをまどわせる
人生じんせいとは多分たぶん
そんなもんさ
ぬまで
きてやろうじゃないか
晩秋ばんしゅう夕暮ゆうぐれは
晩秋ばんしゅう夕暮ゆうぐれは
人生じんせい多分たぶんそんなもんさ
ぬまで
きてやろうじゃないか
ぬまで
きてやろうじゃないか