「32口径の拳銃」の歌詞 ガゼット

2006/5/3 リリース
作詞
流鬼
作曲
大日本異端芸者の皆様
文字サイズ
よみがな
hidden
今宵こよいはジメジメした「五月雨ごがつあめ」です。 レア気味ぎみ本能ほんのうがガラガラとうずく
ひきだしにかくしてたホコリまみれの 32口径さんじゅうにこうけいつめたくおもいピストル
六畳一間ろくじょうひとまのこの部屋へや何時いつ七年前ななねんまえのアノよるえぐかえす。

をそむけてきた事実じじつめられて
まえにはすすめず また途方とほうれてしまう

子供こどもころ ずっとずっと一人ひとりぼっちで つらとき気付きづいてしくていてた
ぼくてたちちははかおかべては 幾夜いくや幾夜いくやいて…こえげて

今宵こよいはジメジメした「五月雨ごがつあめ」です。 レア気味ぎみ本能ほんのうがガラガラとうずく
安定剤漬ドラッグづけの毎日まいにち今日きょう終了おわりです。 ドクドクドクドクむねけそうさ!

げやりになればらくになれたのに ためらうばかりで身動みうごきもれず
もしまれわれたら そのときいまよりすこしでもいいしあわせになれたらって…

やさぎの母親ははおやと、心配性しんぱいしょう父親ちちおやあいけてそだったぼく臆病おくびょうさをよわ自分じぶんにくんだ…

いつか3人手さんにんてつないで またここで一緒いっしょらそうねって
そうったからぼくずっとってたのに
どうしてかえってきてくれなかったの? ずっと…ってたんだ…

(信じ続けた少年は皮肉にも五日後の昼過ぎに両親の元に帰りましたとさ…)