1. 卒業の時歌詞

「卒業の時」の歌詞 キマグレン

2011/4/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
教室きょうしつからあふれる木漏こもかおりや
わらごえ木霊こだまするわた廊下走ろうかはしってゆく
黒板こくばんのこしたふざけた落書らくがきは
いつまでも夢見ゆめみ気持きもわすれないためしるし

そよかぜ木々きぎらす卒業そつぎょうとき
なみだながさないとおたがめたのに

うみかぜ旅立たびだぼくらの
背中せなかしてそのふねゆめせて
明日あした明後日あさってもこの先僕さきぼくらが
別々べつべつみちえらんでもまたえるとしんじてる

放課後ほうかご校庭こうていめる夕陽ゆうひ
やさしくぼくらにつたえるそろそろかえ時刻じこく
っすぐいえかえらずみちしておこられる
きっと大人おとなになってもわらないままでいるだろう

潮風しおかぜさくららす卒業そつぎょうとき
なみだせないと約束やくそくしたのに

うみかぜ旅立たびだぼくらの
背中せなかしてそのふねゆめせて
明日あした明後日あさってもこの先僕さきぼくらが
別々べつべつみちえらんでもまたえるとしんじてる

すなみしめた足跡あしあと ぼくきみがここにいたあかし
かぜされても なみながされても
たしかに自分じぶんあしあるいていた
青春せいしゅん日々ひびわすれはしないから

うみかぜよいつかぼくらが
かえときにはなにかずすべつつんで
明日あした明後日あさってもこの先僕さきぼくらが
それぞれのみちあゆんでもまたえるとしんじてる