「夏が終わる頃」の歌詞 キマグレン

2010/7/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あんなにちわびた季節きせつ
まくじようとしている
たのしみにしていたからこそ
物凄ものすごみじかかんじるもの

you enjoyed the days
I could tell from your face
together as we sing, sing this song
seasons going, going and gone
as we all flow along

そんなにかなしいかお
しなくてもいいんだよ
いつかまたえるときまで

サヨナラ ぼくらのなつはもう
明日あすにはわるけど
わすれない みんなでいかけた
とおざかる日々ひびゆめをいつまでも

むしカゴかかえた少年しょうねん
やまかわうみ冒険ぼうけん
永遠えいえんつづあお草原そうげん
集合しゅうごうさかした公園こうえん

日焼ひやけしたはだ きみとのこい
やりのこした なつ宿題しゅくだい
来年らいねん今日きょうもここで
きっとおな言葉並ことばならべるぼくがいるね

あたまでわかってても
こころいつかない
こぼれるなみだをこらえて

サヨナラ ぼくらのなつはもう
明日あすにはわるけど
わすれない みんなでいかけた
とおざかる日々ひびゆめをいつまでも

言葉ことば出来できないから
とりあえずいてもいいかな

明日あした夕陽ゆうひかって
げたぼくらのねが
わらない笑顔えがおでいつの
この場所ばしょからまたなつさがしにゆこう