「最後の夏」の歌詞 キマグレン

2014/6/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さいなつ
すぐそこまでてる
あこがれたなつ
ぜんりょくでかけてゆく
ゆめほうぶつせんえがいてそらこうへ
んでゆく

そらからなつってきた
あたまからつめたいみずかけた
あつせつはじまった
かわいたかぜせて
ぼくいに

よごれたTシャツとあせ
れたくつけたはだ
ビーサンにえてから
ビーチまではしったなら

これがぼくらのラストチャンス
これがわればはなばな
これはすじきのないドラマ
ぼくらだけのわすれられないものがたりはじまり

さいなつ
すぐそこまでてる
Last summer days gone
あこがれたなつ
ぜんりょくでかけてゆく
Last summer days gone
ゆめほうぶつせんえがいてそらこうへ
んでゆく

いたペダルいだなら
あおうみ
いるはずないきみ
しんろうかぶ日々ひび
もどれないと

なぎさからうたえたとき
こころひびくメロディーが
かえすメモリーや
なつさけびは
いまきているから

いかけたこと
うそはないとしんじたい
いつかかえれるそのまで
すこしのおわかれだね
サヨナラだね

これがぼくらのラストチャンス
これがわればはなばな
これはすじきのないドラマ
ぼくらだけのわすれられないものがたりはじまり

さいなつ
すぐそこまでてる
Last summer days gone
あこがれたなつ
ぜんりょくでかけてゆく
Last summer days gone

さいなつ
せまるそのときまで
Last summer days gone
黄昏たそがれなつ
じょうにもぎてゆく
Last summer days gone
ゆめてのひらまばゆひかりあつめて
んでゆけ