「雪月花 (日本語詞)」の歌詞 キム・ボム

2012/6/20 リリース
作詞
Satomi
作曲
Takahiro Yamada
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとがあふれている 夕方ゆうがた改札口かいさつぐち
ぼくかべにもたれたまま 携帯けいたいてた
約束やくそく時間じかんは ちょっとだけぎてはいるけど
きみっているときも なんだかいとしくて…

街灯がいとうかりがともされて
よる到来とうらいげる

こんなにも だれかのことを
きになったことはないんだよ
ぼくがいま きてる意味いみ
きみまもるためだとそうまよわずえる
雪月花せつげつかなるとき きみいつくしむ

いきらしながら きみぼくをさがしてる
まるで迷子まいごみたいに 不安ふあんげなかおして…

あいとはえないものだけれど
こころれあえるもの

こんなにも だれかのことを
きになったことはないんだよ
もとめては あたえるだけの
あいそだたずにれてしまうこともある
雪月花せつげつかなるとき おもいやりをわすれずに
そっときしめよう

はるはなふゆゆきあわつきひかりのなかで
でるように 四季折々しきおりおりにいつでもかんじたい

とおくから ぼくつけ
ってきてはにかんだきみ
こんなにも だれかのこと
いままできになったことはないんだよ
雪月花せつげつかなるとき 二人ふたりそら見上みあげて
ともきてこう