「なみだの季節」の歌詞 キャンディーズ

2011/6/8 リリース
作詞
千家和也
作曲
穂口雄右
文字サイズ
よみがな
hidden
ながかげとして
ポプラのがふるえてる
さむ季節きせつがすぐとど
そこまでてる
そしてかれわたし
さよならすることだけを
かんがえながらあるいています
はじめてのみち

わたしはあなたがきでした
季節きせつわると (さよなら)
ふたりの気持きもちも (さよなら)
つめたくなるのね
まるで落葉おちばるようなわかれです

まちすみでみつけた
ひとのいない 喫茶店きっさてん
なにわずにあつ紅茶こうちゃ
乾杯かんぱいしましょう
だけどかれわたし
まえのように友達ともだち
もどりたくてももどれないのに
がついてます

わたしはあなたがきでした
言葉ことばのかわりに (さよなら)
ふたりはなみだで (さよなら)
はなれてゆくのね
まるで落葉おちばるようなわかれです

わたしはあなたがきでした
季節きせつわると (さよなら)
ふたりの気持きもちも (さよなら)
つめたくなるのね
まるで落葉おちばるようなわかれです

まるで落葉おちばるようなわかれです