1. 星の死阻止歌詞

「星の死阻止」の歌詞 キングギドラ

1995/12/10 リリース
作詞
H.Saskakura,K.Kagami
作曲
DJ Oasis
文字サイズ
よみがな
hidden
都会とかい喧騒けんそうなか わすられた
やられたあたま構造こうぞう想像以上そうぞういじょう
むしばんでくこの地球ちきゅう
まるで舵効かじきかなくなった気球ききゅう
何処飛どことんでく どんどんとんでく道路どうろ
排気はいきガスが大気犯たいきおか怪奇かいき
そこらじゅう落盤らくばん
科学かがく仕掛しかけた時限爆弾じげんばくだん
ブワァーッとまさに爆発寸前ばくはつすんぜん
このほしいのちすでに風前ふうぜんともしび
くさった文明社会ぶんめいしゃかい
自然しぜんさかい ない和解わかい
オゾン層破壊そうはかいによる温暖化おんだんか
けそうだ 北極ほっきょく氷山ひょうざん
段々だんだん水位すいい浮上ふじょう とき無情むじょう
気付きづくと水面すいめん頭上ずじょう
ねむった野性やせい感覚揺かんかくゆさぶりこす
余計よけい邪念じゃねん すべてをとす
思考正しこうただすために秘孔ひこう鼓膜こまく
まだまだここまでは序幕じょまく
字幕じまくなんかい しかと
さもないとちる天罰てんばつ死刑しけい
不合格ふごうかくならばすと
かみ人間にんげんあたえた最後さいごのテスト

近代都市きんだいとしのこした遺産いさん
自然滅しぜんほろぼし 事態じたい悲惨ひさん
ほし死阻止しそし もうない時間じかん
今問いまとわれる個人こじん倫理観りんりかん

近代都市きんだいとしのこした遺産いさん
自然滅しぜんほろぼし 事態じたい悲惨ひさん
ほし死阻止しそし もうない時間じかん
今問いまとわれる個人こじん倫理観りんりかん

地球ちきゅう 太陽系たいようけい つきつぎ空気くうきみずのある惑星わくせい
小学生しょうがくせいにも一般知識いっぱんちしき 低意識ていいしきからの悲劇ひげき
そこに一撃いちげきもうれねえ
悪魔あくまくるった計画的犯罪けいかくてきはんざい
危険きけん段階残だんかいのこ時間無じかんな
自分じぶんかんがまえ
見事みごと大人おとな無責任むせきにん
かお超無表情ちょうむひょうじょう 事務的じむてき
環境汚染かんきょうおせん 核実験かくじっけん
いつも冷酷れいこく奴権力握やつけんりょくにぎって
まぼろし 先祖せんぞ面汚つらよご簡単かんたん人殺ひとごろ
もうれない辛抱しんぼう あまはなしかくされた陰謀いんぼう
またくるしくなるいき
あや時期じき もうすぐ致死量ちしりょう
異常気象暑いじょうきしょうあつくなる予感よかん
この間得体かんえたいとかれない丘向おかむこう
ははなる大地だいち 近代文明きんだいぶんめい
いまいち粗末そまつ未来視みらいし 適当てきとうあつか
きずふかめていく言葉使ことばづか
限度げんどらねぇ資本主義しほんしゅぎ
ふざけぎの外道げどう次々つぎつぎ くぎ

近代都市きんだいとしのこした遺産いさん
自然滅しぜんほろぼし 事態じたい悲惨ひさん
ほし死阻止しそし もうない時間じかん
今問いまとわれる個人こじん倫理観りんりかん

近代都市きんだいとしのこした遺産いさん
自然滅しぜんほろぼし 事態じたい悲惨ひさん
ほし死阻止しそし もうない時間じかん
今問いまとわれる個人こじん倫理観りんりかん