「密室」の歌詞 キンモクセイ

2002/7/3 リリース
作詞
伊藤俊吾
作曲
伊藤俊吾
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかとひとつの部屋へや 二人ふたりきりになったとしたら
ぼくなにはなせるだろう
言葉ことば節々ふしぶし ぼく本当ほんとう気持きもちが
きみはそれにかんづいてしまうだろう

だけどきみがいいひとだったら そんなぼくつつんでしい
そしたらぼくもいいひとだから そんなきみつつんであげる

かなしいニュースがわって むねをなでろしたとき
ぼくなにかんがえてるだろう
ぼくのまなざしのさき本当ほんとう未来みらい
きみはそれにこしかすだろう

そしてきみがいいひとだったら そんなぼくていてしい
そしたらぼくもいいひとだから そんなきみきしめてあげる

なみだよごれた部屋へや 一人ひとりきりになったとしたら
ぼくなにはじめるだろう
かがみうつったぼく本当ほんとう姿すがた
ぼくはそれにこしかすだろう

だけどきみがいいひとだったら そんなぼく見捨みすててしい
そしたらぼくもいいひとだから そんなきみこわしてあげる