「金木犀の花」の歌詞 キンモクセイ

2007/10/24 リリース
作詞
伊藤俊吾
作曲
伊藤俊吾
文字サイズ
よみがな
hidden
もうすこしボリュームをげて
天気予報聞てんきよほうきかせてください
二人ふたり明日あしたあめですかれるでしょうか

一人ひとりさびしいのはわかってたけど
ここまでなみだまらないなんて
おもがあふれるなんて

どうして どうして こんな簡単かんたん
ことをいつもづかずに とおぎてしまうのか
せめて せめて さよならのまえ
本当ほんとうのことはいつもなにかをうしなってから

もう一度いちど 金木犀きんもくせい坂道さかみちあるいてみたい
きみかたいて あのころ二人ふたりのように

一緒いっしょつけたものより 一緒いっしょくしたもののほう
おおいなんて ぼくたちは間違まちがってたね

にぎやかなまちあかりがとおざかってく
さよなら さよなら きみじゃなきゃだめなのに

どうして どうして こんな簡単かんたん
ことをいつもづかずに とおぎてしまうのか
せめて せめて さよならのまえ
本当ほんとうのことはいつもなにかをうしなってから

がつけば ぼくのそばで今年ことしかおあきはな