1. 夜の月歌詞

「夜の月」の歌詞 ギルド

2011/4/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
満月まんげつ二人ふたり
ならんであるいた夜道よみち
あわ月明つきあかりが二人ふたり
さきしめしてたようで

日々ひびしずかに
こお心溶こころとかした
写真しゃしんなかでいつもわらうから
けた雫頬伝しずくほほつた

よろこかなしみすべてをつつ
そっとこころ中揺なかゆれる
おも出溢であふれるおおきく
そのすべしあわせすぎたんだ
よる月遠つきとおつながる場所ばしょ

やすらぐ場所ばしょしかった
ねむれる場所ばしょしかった
薄暗うすぐら夜孤独感よるこどくかん
ずっときしめていたのに

きみ姿すがたはもうない
えたがそれをしめ
ふく胸元若干残むなもとじゃっかんのこった
かみかおりに

この先見さきみえない
っていながら
そっとしあわせかみめた
まらぬ時間じかんふるえた
よる月切つきせつぎていた

とお距離過きょりすごす場所ばしょ
なにえてるのか・・
よる月魅つきみせてくれる
いまでもずっとそこで
あの日感ひかんじられる

よろこかなしみすべてをつつ
そっとこころ中揺なかゆれる
おも出溢であふれるおおきく
そのすべしあわせすぎたんだ

この先見さきみえない
っていながら
そっとしあわせかみめた
まらぬ時間じかんふるえた
よる月切つきせつぎていた
よる月遠つきとおつながる場所ばしょ
しあわせでもうこわれそうなんだ