「二人だけの流れ星」の歌詞 クリス・ハート

2014/3/19 リリース
作詞
植村花菜
作曲
植村花菜
文字サイズ
よみがな
hidden
ついにこのがやって
結婚けっこん言葉ことば意味いみ
まだよくからないけど
いまぼくはとてもしあわせです

けばきみこと
ぼくにとって自然しぜんになって
一緒いっしょにいると笑顔えがおになれて
ずっとそばにいたいとおもった

だれかが自分じぶんのことを おもってくれてるって
こんなに心地ここちよいもんなんだ はじめてそうおもえた

二人ふたりだけの夜空よぞらしたで キラリとひかったながぼし
となりわらきみ横顔よこがおに もうゆめかなったがした
朝日あさひなかつたえた言葉ことば 二人ふたり人生じんせいわった瞬間とき
あの太陽たいようおもせば きっとどんなことでもえられる

だけど時間じかんかさねるたびに
些細ささいなことでケンカもする
こころつぶやいた'ごめんね’
いつも最後さいごまでえない

うまくはなせなくていいから ぼくたよってほしい
よわさをせることもときには 大事だいじなことだから

きみはもう一人ひとりじゃないから 自分じぶんかかまないで
まわりをみればこんなにたくさん ささえてくれるひとがいる
完璧かんぺきなんてけっしてないから きみきみらしくいればいいよ
そばにいるぼくしんじて だれよりも一番いちばんはなしてほしい

あのよるきみ二人ふたりねがいをかけたながぼし
そしてぼくらはいまこの場所ばしょおおきなゆめをひとつかなえた
これからいろんなこときて いまよりつらいときがあっても
そばにいるぼくしんじて だれよりも一番いちばんきみまもるから

ぼくのことをえらんでくれて ありがとう