「奇跡を望むなら...」の歌詞 クリス・ハート

2013/6/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみおしえてくれた
「ひとりじゃない」 そうってくれたね
いまさら すこおそいけど
きみがいなければ 今日きょうちがってた

時々ときどきこの世界せかいで ひとりのこされたような
かかえきれないほどの かなしみにむねつつまれるよる

奇跡きせきのぞむなら いてばかりいないで
シアワセには ふさわしい 笑顔えがおがあるはず...」

夜明よあけをちながら つめるそのさきには
さがしていた未来みらい微笑ほほえ両手りょうてひろげて

がつけばおもってる
ほんのすこにがぎた日々ひび

いまはまだ あいせないけど
いつになるか まだわからないけれど

きみのいない現実せかい
きあわなきゃ いけなくなる
たとえ おもすのも
つらいことだって えるわけじゃない

奇跡きせきのぞむなら 一人ひとりきりでいないで
ばせばだれにでもコタエはあるから...」

夜明よあけをちながら かがや明日あすしん
わすれていた勇気ゆうきを もう一度いちど このむねえがくよ

ありふれた 言葉ことばから ちかいはまれてゆく
まっすぐにあるいて ゆけたなら...

奇跡きせきのぞむなら いてばかりいないで
シアワセには ふさわしい 笑顔えがおがあるはず...」

夜明よあけをちながら つめるそのさきには
さがしていた未来みらい微笑ほほえ両手りょうてひろげて